[PR]

Macや英語のキーボードでの無変換キーの代替機能

無変換 自体使っていますか? 私は結構使うんですけど、まったく使わない人もいそうですね。

それで 無変換 の代わりですけど、ファンクションキーを使います。ひらがなは F6 、全角カタカナは F7 、半角カタカナは F8 です。

ちなみにキーを押すたびに変換範囲が一字ずつずれていきます。つまり「ドラエモン」→「ドラエモん」→「ドラエもん」→「ドラえもん」というふうになります。 無変換 よりちょっと便利。まあ実は MS-IME の辞書には「ドラえもん」が登録されているようで、普通に変換すれば一発で変換されますけど。

以前、ファンクションキーの F6 から F10 のなかでは F10 だけはまあ使えるとかそんな感じのことを言いましたけど、えっと、すいませんでした。

実際これは個人的には大きな発見でした。英語キーボードに移行したいと常々思っていたんですけど、 無変換 が無いことが割りとネックになっていたので。

なんか微妙に勘違いされてそうなので追記:この記事は、「Mac のキーボード」や「英語のキーボード」を Windows で使用する場合の話です。Mac ではファンクションキーがどんな動作するかは知りません。

Sponsored Link
Information
Menu
アンケート
Sponsored Links
Links
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文: